No.16

MUSIC

岩佐堅志の雅楽屋ブログ

地方公演

16-1
3月2日高知赤岡町、3月3日愛媛内子町での公演は無事終了いたしました。
四国での二公演は演奏もさることながら移動も大変で、演奏以外の様々な事に気を遣わなければなりませんので、本当に大変です。
が、普段見られない景色が見られたり、地方で受け入れて下さるスタッフの方々が本当に優しかったり、と地方公演でしか味わえない側面が多々ありまして、本当に楽しくもあります。
特に、大阪公演では大阪在住の、東京公演では東京在住のメンバーが打ち上げの最中に終電で帰るというのが通例ですが、地方に行くとそういう訳にもいかず、全員その地に宿泊となります。
となると、打ち上げが一層ヒドくなる、もとい盛り上がるのでございます。
今回は二公演、高知公演の打ち上げは翌日にまだ公演が控えていたために大人しいものでしたが、愛媛内子座公演の打ち上げは、それはそれは凄い事になりました。
ペンションをお借りし、そこで打ち上げを開催したのですが、そのペンションのオーナーが雅楽楽器の鳳笙を演奏する方で、我々の公演にも前座としてご出演下さいました。
オーナーは楽器マニアの側面もお持ちのようで、宴会場には世界各国の様々な民族楽器が会場に所狭しと並んでおりました。
芸達者が揃う博雅会、その楽器達を見るだけで留まるはずがありません。
階段に立て掛けてあったアルペンホルン、誰が最初に音を出せるか?とイジり出したのがきっかけでした。
そこから三線は弾くわ、ピアノでジャズを弾きだすわ、挙句の果てに客演の先生も巻き込んで全員で舞楽「萬歳楽」のさわりを舞う…、とまあ阿鼻叫喚の地獄絵図が延々と繰り広げられた訳であります。
写真も残っていますが、さすがに皆様にお見せするわけにはまいりません(笑)
自分でも思いますし、人からもよく言われますが、博雅会というのは学生サークルが基盤でした関係もあり、未だ学生感覚が残っている集まりでもあります。
40過ぎたオッサンが記憶を飛ばすまで騒ぎ飲むのですから、本当にタチが悪いです(笑)。
しかしながら、肝心の雅楽は良い演奏が出来ています。本業が良ければ全て良し、ということで、少々大目に見て下さいませ(笑)
とは言え、今年に入って三ヶ月で四公演。
さすがに疲れました。
公演活動に関しては、これから半年の間休憩を取ることにいたします。
完全な休憩ではなく、半年後以降に開催する公演の準備期間でもあります。
そう考えれば、休憩とは言えないのかも知れませんが…。
毎月朔日に開催している奈良・手向山八幡宮での雅楽奉納や不定期で開催している「ナンバで雅楽を聴く会」などは予定通り開催いたします。
雅楽をお聴きになりたい方は、是非こちらにご来場下さいませ!

COLUMN

おすすめコラム

こちらも読まれています

import_contacts
READ MORE

1、2の、3、☆C☆!

本物とマジック

import_contacts
READ MORE

元理系男子の舞台と花火と脚本戦記

迅速果断vol.2

import_contacts
READ MORE

RQ Lover

レースクイーンの罪

import_contacts
READ MORE

天理市民なら知っておきたい○○!

これだけは知っておきたい!天理市の雪

import_contacts
READ MORE

どきっ! 猿でも楽しめるネット冒険!

天理市民(関西人)を理解する為に必要な20+1の説明書

import_contacts
READ MORE

万巻の書を読み、ホンドーリをゆく。

「home」青空亭

import_contacts
READ MORE

常識を検証する力

自分をアピールする技術

import_contacts
READ MORE

子育てママのためのあな吉手帳と私

子育て傾聴 バンビのおうち

NEW
Ⓒ 2017-2018 Tenrikei