No.13

MAGIC

1、2の、3、☆C☆!

本物とマジック

マジシャン☆C☆です。
マジシャンって仕事をしていますと、たまに言われることがあります。

「知り合いにマジシャンがいます」

本物とは?

image
マジックブームとYouTubeのおかげでマジックができる人が増えています。
YouTubeについては、機会があれば触れたいと思っていますが、とにかくマジックできる人が多い時代ですよね。
確か第1回のコラムでマジックが溢れているということについて書きましたが、クラスに一人はマジックする子がいますし、マジックを仕事でやっておりますと、毎日と言ってもいいくらいにマジックができる人に出会います。
マジックができる人とマジシャンの違いについては、そのコラムに書いておりますので興味のある方は読んでみてくださいね。もちろん僕の持論ですが。

それでは先ほどのセリフですが
「知り合いにマジシャンがいます」
と言われた人に対してマジックを見せると、かなりの確立で同じセリフが返って来ます。
「この人は本物や」

さて、今回はこの「本物」という言葉について考えてみたいと思います。

まず、ここで言われた「本物」という言葉は、何に対して言われているのでしょうか?
もちろん今マジックを見せた☆C☆に対して言われているのですが、本物のマジックなのか、本物のマジシャンなのかどちらに対して言っているのかはわかりません。もしかするとどちらともなのかもしれませんが、問題は、
「本物」に対する「偽物」ってなんなのでしょうか?ってことなんです。

本物の反対は偽物なんてことは、もちろん誰でも知っていますよね?

では仮に考えるならば、「偽物」のマジックってなんでしょう??

偽物?

先日、とあるお店のイベントのお仕事で、順番にテーブルを回ってマジックをしておりました。こういうのをテーブルホッピングっていう呼び方をするのですが、そのホッピングをしている時に、マジックマニアっぽい方に出会いました。
彼がいるテーブルでマジックをしていると、いちいち他のお客さんに解説してくれるんです。
「それって○○○っていう技法だよね」とか
「今のはYouTubeで誰々がやってたやつだな」とか。

まあ、そこまではたまにいらっしゃるような方なんですが、そのあと僕が他のテーブルでマジックしておりますと、先ほど僕がマジックをしていたテーブルに彼が移動して、テーブルマジックを始めたんです。

さすがにすごいなあ、と思いましたね。勇気がある。
僕はお仕事でこのお店にマジックイベントとして呼ばれて、マジックをしているわけです。
そこで突然、彼は知らないお客さん相手にマジックを始めたわけですからね。
自信と勇気がないと無理です。僕には真似できません。

その様子を他のテーブルでマジックしながら見ていたのですが、僕的には盛り上げてくれるのならこれも有りだなって思っていたんですけど・・・
女性ばかりのお客さんのテーブルで、☆C☆が回った時は悲鳴を上げて盛り上がっていたのに、彼女たちの反応を見ても、
「へー」
「ふーん」
って、誰の目から見ても明らかに盛り下がっていたんです。

彼はマジックをやっているんです。だけど、盛り上がらない。
これって偽物なんでしょうか?
いえ、きっとマジックの手順もちゃんと覚えているのでしょうし、マジックとしては成立しているので偽物では無いんだと思います。

お店の人の話では、趣味でマジックをたまにこのお店のお客さんに見せているらしいとのことでした。僕はこのとき店員さんにこう言われました。
「やっぱり本物は違うな」

本物の反対は?

本物のマジック。
偽物のマジック。
何が偽物なのかは解かり難いです。

きっとどんな人がする、どんなマジックも、偽物では無いんだと思います。

マジックはマジック。
「本物」と呼ばれても、その反対が必ずしも「偽物」であるとは限らないのではないでしょうか?

マジックだけのことではないでしょうが、今回マジックに関して言うならば、

「本物」の反対は「本物では無い」

ということだと思います。

どんな仕事でもそうですが、「本物」って呼ばれるようにがんばっていきたいですね!

COLUMN

おすすめコラム

こちらも読まれています

import_contacts
READ MORE

常識を検証する力

自分自身を信じること

import_contacts
READ MORE

元理系男子の舞台と花火と脚本戦記

日常の中に溶け込む非日常

import_contacts
READ MORE

RQ Lover

レースクイーンの罪

import_contacts
READ MORE

天理市民なら知っておきたい○○!

知っておきたい天理市内地名の由来

NEW
import_contacts
READ MORE

どきっ! 猿でも楽しめるネット冒険!

天理市民(関西人)を理解する為に必要な20+1の説明書

import_contacts
READ MORE

万巻の書を読み、ホンドーリをゆく。

「home」青空亭

import_contacts
READ MORE

岩佐堅志の雅楽屋ブログ

雅楽が上手くなる方法

import_contacts
READ MORE

子育てママのためのあな吉手帳と私

『今日は忙しい!!』ってどんな一日?

Ⓒ 2017-2018 Tenrikei