No.12

MAGIC

1、2の、3、☆C☆!

2018

新年明けましておめでとうございます。
本年も☆C☆はマジシャンとして不思議をお届けいたしますので
どうぞよろしくお願いいたします!

空間認識能力

さて、今年初めにお話したいのは「空間認識能力」についてです。
空間認識能力って聞いた事はあると思います。
さまざまな世界で注目されていますし、特にスポーツの世界では大切だそうですね。

私たちは普段の生活の中で、空間を認識するという行動は無意識に行われています。
空間認識能力とは、物体の位置や方向、大きさや形状など、三次元空間に占めている状態や関係をすばやく正確に把握、認識する能力です。

この能力が高ければ、地図や図面から実際の地形や建物を理解することが簡単だったり、片付けが得意だったりするそうです。
逆にこの能力が低いと、物にぶつかりやすかったり、つまずいたり転んだり、方向音痴になったりもするそうです。
スポーツの得意、不得意にも大きく関わるようですね。
そしてこの能力、マジックにも大きく関わっているのです。

マジシャンで空間認識能力が高いと、かなり有利です。1つのマジックの幅が広がります。
マジシャンではなくても、空間認識能力が高いと、単純にマジックの種を見破るのが得意だったりします。
空間認識能力って、僕はある意味透視能力でもあると思っています。
見えない部分に何があるのかが解かるんです。
まあ、空間認識能力だけではなくて、そこに経験や知識も合わさって、見えてくるのだとは思いますけどね。

目の前に箱が置いてあれば、誰でも「箱がある」と認識できます。
その箱の中や箱の向こう側に何があるのか見えません。
ですが、空間認識能力が高ければ周りの状況や、前後の出来事などから、見えない部分があたかも見えているかのように認識できるのです。
これって推理力にもつながるのでしょうね。

空間認識能力の高い人は、無意識にその能力を使っているので、意識したことはないのかもしれませんが、勘のいい人って言われるような人は、この能力が高いのかもしれませんね。

そんな素敵な空間認識能力ですが、簡単にトレーニングで磨くことができるのです。

能力を磨く

空間認識能力は右脳によってコントロールされていると言われています。
右脳を鍛えるための方法はたくさんありますが、とても簡単で空間認識能力に効果的なものをご紹介しますね。

まずは、目を閉じて作業をする、というものです。
目の前にあるものを取る、といった簡単な作業を、目を閉じて直感を働かせておこなうだけですが、かなり効果があるようです。

次に絵を描く、というものです。
風景や物体などを、見たまま絵にするわけですが、3Dのものを頭の中で平面に変換するわけですから効果があるようです。

最近ではお子さんにゲームをさせてトレーニングをさせることも多いようです。
スマホなんかでも空間認識能力を高められるゲームアプリなどがたくさんあるようですね。
ブロックを配置して建物などを作る有名なゲーム「マインクラフト」も高い効果があるといわれています。

お子さんの能力アップを目指すのならば、アスレチックや公園の遊具なんかで遊ぶのもいいですね。
遊具との距離感や動きを体感することで空間認識力のトレーニングになるようです。

今年は是非、空間認識能力を高めていきませんか?
生活の中でもメリットが増えますし、マジックをやってらっしゃる方なら、かなりレベルアップできますよ♪

COLUMN

おすすめコラム

こちらも読まれています

import_contacts
READ MORE

常識を検証する力

自分自身を信じること

import_contacts
READ MORE

元理系男子の舞台と花火と脚本戦記

演劇と天理大学

import_contacts
READ MORE

RQ Lover

レースクイーンの罪

import_contacts
READ MORE

天理市民なら知っておきたい○○!

知っておきたい高校野球

import_contacts
READ MORE

どきっ! 猿でも楽しめるネット冒険!

天理市民(関西人)を理解する為に必要な20+1の説明書

import_contacts
READ MORE

万巻の書を読み、ホンドーリをゆく。

「home」青空亭

import_contacts
READ MORE

岩佐堅志の雅楽屋ブログ

天理高校求道部六十周年

import_contacts
READ MORE

子育てママのためのあな吉手帳と私

ゴールを決めてからはじめる

Ⓒ 2017-2018 Tenrikei